介護のアレコレ

介護保険の申請方法

要介護認定とは?

介護保険制度では、寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合や、

家事などの日常生活に支援が必要であり、特に介護予防サービスが効果的な状態(要支援状態)になった場合に、

介護サービスを受けることができます。

65歳になると、「介護保険被保険者証」が交付されます。

要介護認定により「要介護」または「要支援」の判定介護が必要であると認定されれば、

介護保険サービスを利用することができます。

要介護状態や要支援状態にあたるかどうか、

その中で「どのような介護が、どの程度必要か」の判定を行うのが要介護認定であり、

保険者である市町村に設置される介護認定審査会において判定されます。

 

申請に必要な書類

  • 要介護・要支援認定申請書(役場においてあります。インターネットでダウンロードも可)
  • 介護保険被保険者証(65歳以上)または健康保険被保険者証(40~65歳)
  • マイナンバーが確認できるもの

代理の方による申請の場合は身分が確認できる書類や、委任状が必要となります。

また、主治医意見書という、医師が記入する書類をもとに調査が進められますので、かかりつけ医の決定が必要になります。

 

要介護認定の流れ

一次判定

  1. 市区町村にある介護保険担当の窓口へ行き、介護保険申請書(要介護認定申請書)に記入し、提出します。
  2. 市町村の認定調査員(指定居宅介護支援事業者等に委託可能)による心身の状況調査(認定調査)及び主治医意見書に基づくコンピュータ判定(一次判定)を行います
  3. 市区町村の担当者による聞き取り調査と主治医意見書を基に、コンピューターが介護にかかると想定される時間(要介護認定等基準時間)を推計して算出、7つのレベルに分類します。

二次判定

一次判定の結果をもとに、介護認定審査会が審査を行い、要介護度を判定します。

二次判定は一次判定の結果や調査員が聞き取った特記事項及び主治医意見書をもとに、各市区町村で介護認定審査会が行われて決定されます。

全国一律の判定基準に沿って要介護認定かどうかを決定します。

申請から約1か月で判定がでます。

 

介護保険証の有効期限は?

  • 介護保険証の有効期間は新規の認定者:6か月
  • 要介護更新認定の有効期間:12ヶ月
  • 要支援更新認定の有効期間:12ヶ月

ただし、市町村が必要と認める場合にあっては、期間が増減する場合があります。

 

要介護認定にかかる費用

要介護認定にかかわる費用の利用者負担はありません。

 

介護保険で利用できるサービス

介護保険を使って受けられるサービスには、どんなものがあるでしょうか。

要介護度によって介護保険内の負担額で受けられるサービスの限度額がありますが、

以下のように分けられます。

「居宅サービス」

  • 介護士がご自宅へお伺いして日常のお世話をお手伝いする「訪問介護 」や、看護師が医療的処置などをおこなう「訪問看護」
  • ご自宅での入浴を看護師を含むスタッフがお手伝いする「訪問入浴」
  • 「デイサービス」などの通所利用
  • 短期間施設に入居し介護を受けることができる、「短期入所生活介護(ショートステイ)」
  • 手すりや車いす、介護ベッドなどをレンタルする「福祉用具」

「施設サービス」

  • 介護福祉施設サービス
  • 介護保健施設サービス
  • 介護療養施設サービス

「地域密着型サービス」

市区町村によって指定された事業者が、そこに住む利用者を対象として行うサービス。

要介護状態になった高齢者が、今まで通りの住み慣れた環境で、

地域住民と交流を持ちながら介護サービスを受けられるようにすることが目的。

  • デイサービスを中心として、短期間の宿泊や利用者の自宅への訪問を組合せる「小規模多機能型居宅介護」
  • 認知症高齢者が5~9人で共同生活をおくりながら、日常生活の介護を受けられる「認知症対応型共同生活介護」
  • 認知症高齢者を対象とした「通所介護(デイサービス)

などがあります。

サービス内容の決定

要介護認定がおりたら、担当ケアマネージャーと相談しながらサービス内容を決めていきます。

ケアマネージャーとは、居宅介護支援事業所に所属する介護支援専門員です。

介護認定を受けられた方、ご家族と各種サービスをつなぐ役割をしてくれます。

介護に対する不安や希望についてよく相談されることをお勧めします。

ケアマネージャーが作成したケアプランに同意されると内容が決定し、サービス開始の流れです。

内容について、見直し、変更を希望される場合もケアマネージャーにお伝えください。

まとめ

要介護認定についてわかりましたでしょうか。

 

介護保険を使って使えるサービスによって負担の軽減につながる場合があります。

お身体の異常がなくとも、認知症などの理由から徘徊が多い場合も介護が必要と判断されます。

ご本人やご家族に介護が必要な状態になったときには、一度、市町村担当窓口や地域包括支援センターにご相談ください。

 

-介護のアレコレ

Copyright© NURSe Me ナーシュミー , 2021 All Rights Reserved.