介護のアレコレ

身体が硬いと血管も硬い?

2020年11月2日

身体が硬いと血管も硬いは本当?

身体が硬い人は血管も硬いという話をよく聞きますよね。

実はこれは本当のことなのです。

 

動脈硬化は心臓疾患や脳血管疾患を引き起こす

動脈硬化は日本人の死因の第2位の心疾患や第3位の脳血管疾患を引き起こす大きな原因となります。

そして、血管の方さはストレッチによって軽減されることが、国内外の研究結果で証明されているのです。

 

1日30分のストレッチで血管を柔らかく

簡単な有酸素運動やストレッチで血管の硬さをやわらげることができます。

30分から1時間のウォーキングや自転車こぎ、ストレッチは体の柔軟性を上げ血流を良くし、動脈硬化予防に大変効果的です。

 

効果的な運動

 

座ったまま可能なストレッチ

 

 

ご自身の生活スタイルや趣味に合わせた運動を

有酸素運動やストレッチは継続することがとても大切です。

簡単な運動は身体的にも適度な疲労感を与え、精神の安定にも繋がります。

毎日の生活の中に組み込んで、ぜひ続けて健康で元気な生活を送りましょう

 

 

 

-介護のアレコレ

Copyright© カイゴとカンゴにサチアレ , 2021 All Rights Reserved.