介護のアレコレ

知っておきたい!介護理由ランキング!

2020年7月27日

厚生労働省に調査にによると、介護が必要となった方の原因の

第1位は「認知症」、2位は「脳血管疾患」、3位は「高齢による衰弱」となっています。

参考:平成28年厚生労働省 国民生活基礎調査

 

特に軽度の介護状態になる原因としては、「高齢による衰弱」「骨折・転倒」「関節疾患」が約半数を占めているそうです。

「膝痛・腰痛」がある方や、「骨折・転倒」を起こした方は、体を動かす機会が減ってしまいがちになります。

それが原因でさらに筋肉が衰えたりして、体の機能が低下してどんどん動けなくなるおそれも!

このように、体を動かさない状態が続くことによって、心身の機能が低下して動けなくなることを

「廃用症候群」はいようしょうこうぐんといいます。

このような状態を予防するためには体を動かすことが重要です。

 

簡単な自宅でできる体操をご紹介

①すねの筋力アップ(10回×2セット)

椅子や壁につかまりながら、つま先の上げ下げをする

②太ももの筋力アップ(10回×2セット)

左右交互に膝を伸ばし、3秒ほどキープ

③腰・背中まわりのストレッチ(10回×2セット)

仰向けになり、片膝を両手で抱える。

深呼吸をしながら膝を胸に引き付け、10秒間キープする。

 

テレビを観ながらや、横になった時にできる体操もたくさんあります。

また、自宅での簡単な家事などもできる範囲で行い、廃用症候群予防に努めましょう。

 

-介護のアレコレ

Copyright© カイゴとカンゴにサチアレ , 2021 All Rights Reserved.